転職に関する相談

医師が抱える辛い当直の悩み、解決する最適な方法は?

更新日:

多くの勤務医が抱える悩みのひとつに、「当直」があります。
深刻な医師不足の中で、常勤医は「きつい当直」をこなさなければなりません。
実は、医師が転職する際に最も多いのも「当直を減らしたい」という希望です

今回は、「医師が抱える辛い当直の悩み」をテーマに、当直の勤務事情や、医師が当直の負担から解放されるための解決方法をご紹介します。

勤務医の当直の負担軽減方法

多すぎる!医師の辛い「当直事情」

勤務医が抱えている辛い悩みの一つに、「当直勤務」があります。

当直とは通常の診療時間外の夜間や休日に病院などで勤務することを指し、基本的には待機・緊急時のサポート要員として勤務することが主な目的です。病院管理者は義務として夜間帯に医師を当直させなければなりません(医療法第16条)。

現在、全国で勤務医が約20万人いる中、その1割を超える2万人以上の医師が毎晩当直している状況となっているのをご存知でしょうか。

厚生労働省の医師、看護師等の宿直の許可基準を見てみると、

1、通常の勤務時間の拘束から完全に解放された後のものであること。
2、夜間に従事する業務は、一般の宿直業務以外に、病院の定時巡回、異常事態の報告、少数の要注意患者の定時検脈、検温等、特殊の措置を必要としない軽度の、又は短時間の業務に限ること。
(応急患者の診療又は入院、患者の死亡、出産等があり、昼間と同態様の労働に従事することが常態であるようなものは許可しない。)
3、夜間に十分睡眠がとりうること。
4、許可を得て宿直を行う場合に、その時間については労働基準法による時間外労働の手続を行い、割増賃金を支払うこと。

参考:医師の宿日直勤務と労働基準法(厚生労働省)

このように、無理のない範囲での勤務を前提とした労働基準法の適用があります。
つまり、何かあれば対応はする必要はあるが、基本的にはのんびり過ごせて、睡眠時間も確保できるものを当直と呼びます。

しかし、実際には当直の間も、通常の勤務と変わらない業務が行われていることもあり、現場の勤務医の負担は思った以上に大きい現状が考えられます。

当直が手術に影響を与える?

また、こうした当直などの医師の長時間労働は医師自身の健康を害するだけでなく、医療を受ける側(患者)にも影響する問題です。

日本外科学会が行った調査では、当直明けに手術を行った医師の90%近くが質の低下など当直が手術に影響を与えると答えています。

医師の長時間労働は「医療の安全性の低下という問題につながる」という意味でも改善が求められています。

医師の転職で一番多い希望は「当直を減らしたい」

当直を減らしたい、医師の悩み

通常の勤務に加えての夜間帯の勤務は、医師にとって大きな負担となっています。

医師転職ドットコムを運営するメディウェルが2016年に約1,000名の医師に行ったアンケート調査では、医師の転職時に希望する条件として一番回答が多かったのが「当直を減らしたい」だったそうです。

やはり医師の激務の問題は、いまだ解消さていないというのが現状です。
泊まり勤務もあるうえ、週70時間以上も働くというのでは、仕事への集中力を保つのが難しくなってしまいますし、別の働きやすい病院へ転職する医師が多いのもうなずけます。

当直回数をできるだけ減らしたい時は?

医師が当直を減らすには?

当直に関する考え方はそれぞれですが、月1~2回程度の当直であれば問題ないという医師もいますし、プライベートや家族との時間を大切にするために当直回数をできるだけ減らしたいというドクターもいます。

では、なるべく当直を減らすにはどうすればいいでしょうか?

医療機関の医師体制によって、当直回数・業務内容は異なるため、今の病院に申し出てもなかなか解決するのは難しい場合もあります。

ですから現在の当直回数を減らしたいのであれば、転職による解決が有効となります

楽な寝当直のバイトは本当にあるの?

病院の中には、急患がめったにやって来ないようなところもあります。
このような楽な当直の仕事(バイト)は、「寝当直」と呼ばれています。

実際に、たしかに寝ているだけで朝まで過ごせる病院もあります。
お年寄りの方を看取ることを専門とした病院などは、夜間に救急車が来ることも少ないので、「寝当直」と呼べると思います。次に日に、通常の業務をすることも負担なく行えるメリットがあります。

ただし、こうした求人は当然人気が高く、タイミングがとても大事になります。
詳しくは、「寝当直の医師アルバイト求人を見つける方法」の記事をご覧ください。

“当直なし勤務”でお悩み解決!

転職して理想の環境を手に入れる

「当直なし」で働きたい!

その最も簡単な解決方法は、「当直なし勤務」ができる病院へ転職することです。

最近では、医師の長時間労働の負担軽減に取り組む医療機関も増えてきています。
例えば、当直を通常の勤務時間として扱うことで過度の勤務負担が生じないように配慮していたり、当直明け後の勤務を免除している医療機関もあります。

こうした職場へ転職することで、これまでの負担から開放されて、ゆとりを持った医師生活が送れるようになるのでオススメです

そのためには、勤務先の病院を吟味し、病院側としっかり交渉することが大切です。

そこで頼りになるのが転職サイトのエージェントです。

エージェントは希望にあった求人の紹介はもちろん、交渉の要点を心得ているので、病院から好条件を引き出してくれるでしょう。

以下に、豊富な転職ノウハウを持ち、「当直なし」の求人案件を豊富に保有している転職サイトを紹介します。どのサイトも、多くの医師を転職成功に導いたエージェントが多数在籍しています。まずは気軽に登録し、求人を見比べてみてください。

好条件の求人が多い医師転職サイト

thumb01  医師転職ドットコム(メディウェル)

  詳細:医師転職ドットコム(メディウェル)の特徴と評価

医師転職に特化した充実したサポートを展開している医師転職ドットコム。

求人数39000件以上、条件交渉代行による年収上昇率146.6%、転職満足度94.7%
という素晴らしい実績を誇る医師の転職求人情報サイトです。

圧倒的な求人数と決め細やかなサービスに定評があり、医師転職ドットコムから転職した後の年収上昇率は140%を超えています。サイトに登録すれば、7割の医師が転職を決めている非公開求人の紹介を受けられます。

医師の転職なら平均年収アップ率146.6%の「医師転職ドットコム」


thumb02  エムスリーキャリアエージェント

  詳細:20万人以上の医師が登録!エムスリーキャリアの特徴

エムスリーキャリアの特徴は、常勤の医師転職に大きな強みを持っていること。
優秀なエージェントが多数在籍しているため、条件交渉で力を発揮してくれるので、心強い味方となってくれます。

求人数は、サイト上に掲載されている常勤求人だけでも10,000件以上。
求人の質もとても高く、当直なし、年収1,800万円以上や週休3日など、好条件の求人を数多く保有している点もオススメできる理由のひとつです。

さらに、医師が希望する求人がない場合でも、 医療機関に掛けあって新しく好条件求人を創り出していることが確認できています。

医師人生で後悔しない!医師転職ならエムスリーキャリア


thumb03  リクルートドクターズキャリア

  詳細:安心の大手!リクルートドクターズキャリアの特徴

リクルートドクターズキャリアは実績を持つ老舗の転職サイトです。
好条件・高収入の非公開求人も豊富に用意されているのでオススメです。

医師専門で転職支援歴30年。常時10000件以上の医師募集求人を誇る。
親会社であるリクルートは、知らない人がいないほどの大企業です。
その情報力は強く、首都圏・地方都市を問わず求人が集まっています。

医師に信頼され30年。医局では見つからない求人情報が常時1万件以上


医師の転職!おすすめの記事

医師 転職サイト ランキング 1

実際に利用した医師からの評判や口コミで、好評・満足度の高い医師転職サイトのおすすめ総合人気ランキングをご紹介します。2020年の最新版です。 当サイトでは、実際に医師の転職支援サービスを利用して転職に ...

2

医師の転職サイトランキングで1位に輝いているエムスリーキャリアエージェント。 実際に利用したドクターの満足度も非常に高い優秀な転職エージェントです。 では、なぜエムスリーキャリアが多くの医師に選ばれて ...

医師 転職サイトの口コミ評判 3

医師の転職サイトは多すぎてどこを選べばいいのか迷ってしまう。 転職求人サイトを利用する時に、こんなことで悩んでいませんか? 当然です、なぜなら今医師の転職サイトは100社以上あり、その中から最適なエー ...

医師転職ドットコム 公式サイト 4

医師専門の転職サイト(エージェント)で間違いなくおすすめの会社のひとつがメディウェルが運営する「医師転職ドットコム」です。 特徴として、まず求人数の安定性や更新頻度では圧倒的に他社よりも抜けていて、サ ...

5

医師の転職失敗事例を知ることは、これから転職しようとする医師にとってかなり参考になります。なぜなら医師が転職する場合、すべての先生が上手くキャリアチェンジできるとは限りません。 中には「転職をしたもの ...

-転職に関する相談

Copyright© 医師転職サイトの口コミ評判【2020年最新】 , 2020 All Rights Reserved.