医師の転職相談

医師が産業医になるには?平均年収や医師求人情報をチェック!

更新日:

産業医」は、近年特に医師に人気が高まっています。
その理由は、基本的に超過勤務などがなく、オンコールや当直も無いので、安定した生活が送れるためです。またもうひとつの人気の理由として、産業医の資格は短期間で取得できることも挙げられます。

今回は、この産業医になるにはどうしたらいいのか、そして平均年収や、産業医の医師求人情報などを詳しくご紹介したいと思います。

医師が産業医になるには?具体的な方法

産業医になるには? 医師転職

医師が産業医になるにはどうすればいいのでしょうか?

まず産業医として働くには、医師免許のほかに労働安全衛生法で定めた要件をクリアしなくてはなりません。産業医の資格を取得するためには、労働衛生コンサルタント試験(保健衛生)に合格するか、厚生労働大臣が定める研修(日本医師会の産業医学基礎研修)を修了する必要があります

産業医資格を取得するには具体的にはいくつかのパターンがありますが、ここでは代表的な日本医師会、または産業医科大学の研修を修了するという一般的な方法をご紹介します。

日本医師会

産業医学基礎研修を50単位以上修了するか、それと同等以上の研修を修了すると、日本医師会認定産業医の称号と認定書が付与されます。
有効期間は5年間。その後は産業医学生涯研修を受けて資格を更新することになります。

参考:日本医師会「認定産業医」HP

産業医科大学

毎年4月から約2カ月間にわたって産業医学基本講座を開催。講座は出身大学を問わず受講可能で、修了すると認定書が付与されます。また夏期にも、6日間で集中的に産業医学を学ぶ産業医学基礎研修会集中講座を開催しており、こちらも修了すると認定書が付与されます。

参考:産業医科大学HP

産業医の勤務内容・転職動向

産業医の仕事内容

産業医は一般の企業に就職して「従業員の診療に当たるのが業務内容」になります。
そのため、待遇も企業の一社員ということになります。

勤務内容は、健診後のカルテ分析、労働衛生管理計画の作成、社員が体調を崩したときの応急処理などで、医療機関での業務内容とは大きくことなります。しかし、ストレス社会を反映して、従業員のメンタルヘルスに力を入れているような企業からは産業医のニーズも高まっています。

求人募集も積極的に行われており、他の診療科目からの転科も珍しくありません。
常勤・非常勤に関わらず勤務医としてのキャリアがあれば、より転職に有利となるでしょう。

求人ニーズは首都圏や大都市に集中

ただし、求人ニーズは首都圏や大都市に集中する傾向があります。
その理由は、不況の影響で産業医をおく経営体力がある企業は減っており、首都圏や大都市に拠点を置く大企業からの求人募集が主となっているためです。

医師にとって、産業医への転職は狭き門となっているのが現状です。
転職を希望する際は、タイミングがとても重要になりそうです。

参考サイト:日本産業衛生学会HP

産業医の年収事情(平均年収)

産業医は、一般企業の職員と同じ扱いになり、給与体系も独特のものになります。
産業医の給与ですが、平均年収は1000万~1400万円台となっています。

産業医の場合、平均年収は嘱託(非常勤)契約か、専属(常勤)契約かによって大きく異なります。嘱託の場合は週1~2回で1回3万円前後、週2回で1回3万円と考えると、年収は300万円程度となります。

これが企業の専属の産業医(常勤)となれれば、年収1,000万円~1,500万円が相場となり、中には2000万円以上もらえる大企業もあるそうです。

このように、産業医は勤務医同様、高給な仕事であることは間違いありません。ただし、産業医は専属になれるまで、年収や勤務形態が不安定であることがデメリットと言えます。

産業医 医師求人募集

産業医の医師転職!おすすめ求人募集情報

先ほどお話したとおり、産業医は求人募集も積極的に行われています。

ただし産業医の場合、雇用主は企業となるため、常勤・非常勤ともに給与のばらつきが大きくあるのが実情です。より年収の高い産業医の求人を見つけるためには、医師専門の転職サービスを活用する方法が最善と言えます。

また、産業医への転職はタイミングが命です。
そのためにも積極的に医師転職サイトを利用することをオススメします。

産業医の求人はあまり公に出ておらず、条件の良い求人ほど転職サービス内で非公開求人として扱われています。また条件交渉も病院とは勝手が違うため、給与・年収などの交渉は転職コンサルタントに代行してもらうことで、ミスマッチを回避できるメリットもあります。

医師転職支援サービスには、各社それぞれに特徴があるため、しっかりと比較・検討し、納得のいく転職支援サービスを利用すると良いでしょう。当サイトでは、産業医の転職でおすすめの転職サイトをご紹介しています。

産業医の求人にも強い!医師転職ドットコム

医師転職サイトランキング第1位の「医師転職ドットコム」は産業医の求人にも強いのが特徴。実際に、大手企業から中堅企業まで産業医の求人数でもトップクラスです。

「医師転職ドットコム」を運営するメディウェルでは、豊富な産業医の転職支援実績をデータ化していますので、先生の転職成功のために万全の支援が期待できます。

産業医の求人 医師転職ドットコム

企業と医師のベストマッチングを提供!エムスリーキャリア

産業医(企業)の常勤医師求人情報・転職支援なら、エムスリーキャリアエージェントもまたオススメの医師転職サイトです。

エムスリーキャリアの産業医求人情報は、m3.comの25万人以上の医師会員基盤を活かした企業と医師のベストマッチングを提供してくれます。サイト上で紹介できない《非公開求人》も多数あります。

医師 求人 エムスリーm3.com CAREER

豊富な産業医の転職情報!リクルートドクターズキャリア

医師専門で転職支援歴30年以上のリクルートドクターズキャリア。
産業医の求人も、常勤と非常勤アルバイトともに一定数の求人数を誇っています。

地域ごとの求人検索や、転職市場の動向、年収の紹介に加え、専任のキャリアアドバイザーが厳選求人をご紹介し、転職を徹底サポートします。

産業医の求人情報|医師転職はリクルートドクターズキャリア

医師の転職!おすすめの記事

1

実際に利用した医師からの評判や口コミで、好評・満足度の高い医師転職サイトのおすすめ総合人気ランキングをご紹介します。2020年の最新版です。 当サイトでは、実際に医師の転職支援サービスを利用して転職に ...

2

医師の転職サイトランキングで1位に輝いているエムスリーキャリアエージェント。 実際に利用したドクターの満足度も非常に高い優秀な転職エージェントです。 では、なぜエムスリーキャリアが多くの医師に選ばれて ...

医師 転職サイトの口コミ評判 3

医師の転職サイトは多すぎてどこを選べばいいのか迷ってしまう。 転職求人サイトを利用する時に、こんなことで悩んでいませんか? 当然です、なぜなら今医師の転職サイトは100社以上あり、その中から最適なエー ...

医師転職ドットコム 公式サイト 4

医師専門の転職サイトで間違いなくおすすめの会社のひとつがメディウェルが運営する「医師転職ドットコム」です。 特徴として、まず求人数の安定性や更新頻度では圧倒的に他社よりも抜けていて、サイトの使いやすさ ...

5

医師の転職失敗事例を知ることは、これから転職しようとする医師にとってかなり参考になります。なぜなら医師が転職する場合、すべての先生が上手くキャリアチェンジできるとは限りません。 中には「転職をしたもの ...

-医師の転職相談

Copyright© 医師転職求人サイトの口コミ評判【2020年最新】 , 2020 All Rights Reserved.