女性医師の転職成功ポイント

女性医師、育児と両立できるベストな働き方とは?

更新日:

女性医師ならではの悩みに、育児と仕事の両立の問題があります。
特に子どもが小さい時期には、その働き方で苦労する女医さんも少なくありません。

医者という職業柄の不規則な労働環境から、育児支援がなければ病院で働くのは難しいことを痛感することもしばしばあると聞きます。

では、どうすれば育児と両立できるベストな働き方ができるのでしょうか?
今回は、子育てしながら働き続けるためのヒントをご紹介したいと思います。

女性医師が仕事と育児を両立するには?

女性医師にとって、結婚や出産・育児などのライフイベントはキャリアに大きく影響します。
医者という責任のある仕事内容から考えて、実は仕事と家庭(子育て)を両立させるのは想像以上に難しいことです。

それでも、離職せずに結婚や出産・育児を経ても働き続けたい先生も多く、キャリアの続行と育児をやりくりできる環境を求め、不安を抱えながら転職を考える医師も少なくありません。

そこで、女医が仕事と子育てを両立するためのポイントをいくつかご紹介します。

夫や家族にサポートしてもらう

医師に限らず、女性が育児をしながら働くためには、乳児から預けられる保育園の整備や、夫である男性の育児への協力などが必要不可欠です。

まずはしっかりと家庭内の協力体制を得ることが大切です。
夫だけでなく、可能であれば両親や、場合によってはベビーシッターにもサポートをお願いしましょう。ご主人や両親からのサポートを受けられない人は、院内保育やベビーシッターが頼りになります。

勤務形態をパート・アルバイトにする

大きな病院で常勤として働くと、子育てしながらの勤務はかなり大変です。
しかし、パートやアルバイトであれば自分の生活スタイルに合わせて働くことができるため、子育てとの両立はそれほど大変ではありません。

決まった曜日・時間だけ働くことができ、時間の融通が利くので、子育てと両立しやすいです。落ち着いたらフルタイムの勤務に戻るという働き方も選択肢の一つです。

参考:女性医師に人気!健診アルバイト(スポット)求人募集の探し方

働く環境(職場)を考える、変える

育児をしながら働けるような職場を探して転職する、という選択肢もあります。
やはり、自分の働ける条件で勤務できる環境を探すことが大切です

勤務時間の選択が可能であったり、時短勤務や曜日の指定、週3勤務が可能な病院施設であれば、無理なく仕事と育児を両立することができます。

最近では、育児支援のための制度を導入する病院も増えてきていますので、こうした医療施設へ転職するのも解決策のひとつです。

ママさん女医におすすめ!仕事の探し方

確かに、女性が出産や育児のためにしばらく現場を離れることになるのは仕方ありません。
しかし、育児に負担がかかるのは一定の期間までなので、育児を終えた女性医師は現場にきちんと復帰できる復職支援サポートが確立されていなければなりません。

でも家事に育児に忙しいママさんドクターは、仕事を探すのも一苦労です。
そこで、医師専門の求人サイトを利用してみてはいかがでしょうか?

仕事と育児の両立支援を行うドクタービジョン

医師転職サイトのドクタービジョンでは、女医の仕事と家庭の両立支援を積極的に行っていて、「保育所・託児所あり」の医療機関や、当直無し・勤務時間の融通がきく施設など働きやすい職場を紹介してくれます。



>>女性医師の仕事と育児の両立を応援!ドクタービジョン

医師転職ドットコムの女医向け求人

メディウェルが運営する「医師転職ドットコム」も、女性医師のキャリアプランを支援していて、女性医師にオススメの求人が豊富にあります。

サービス登録しておくことで、新着の優良求人を非公開求人として登録された会員の医師に優先的に案内してもらえます(登録・ご利用すべて無料)。

「医師転職ドットコム」には、休職後の女性医師受け入れ実績の多い医療機関や、専門医取得の指導体制の整った医療機関や、病児保育のある医療機関や、子育て中の女医さんが多い医療機関など、女性医師向けの求人情報がかなり豊富にあります

まずは「情報収集のため」という理由でご利用している先生もたくさんいますので、気軽にご相談してみてはいかがでしょうか?

このサイトの公式HPはこちら

女性医師バンク(日本医師会)

「女性医師バンク」は、厚生労働省の委託事業として発足した求人転職サイト。
運営しているのは、ご存知の「日本医師会」です。

「女性医師バンク」は、単に医師求人を紹介するだけでなく、産休・育休取得で現場を離れていた女性医師の就業斡旋や再研修支援といった復職支援にも力を入れています。

登録されている求人施設の数は約3,700施設で、病児保育のある病院もありますし、休暇を認めてくれる病院もあります。また、地域(都道府県単位)によっては若い女性医師の復職には奨学金や身分保障などの支援プログラムもあります。

スマートフォン向け専用ページをオープン

2017年7月よりスマートフォン向けの専用ページが開設されています。
これにより、以前と比べて手軽に求人検索を行うことが可能となりました。
日本医師会の会員以外の先生も利用することができます。

HP:女性医師バンク 日本医師会
URL:https://www.jmawdbk.med.or.jp/

医師の転職!おすすめの記事

1

実際に利用した医師からの評判や口コミで、好評・満足度の高い医師転職サイトのおすすめ総合人気ランキングをご紹介します。2019年の最新版です。 当サイトでは、実際に医師の転職支援サービスを利用して転職に ...

2

医師の転職サイトランキングで1位に輝いているエムスリーキャリアエージェント。 実際に利用したドクターの満足度も非常に高い優秀な転職エージェントです。 では、なぜエムスリーキャリアが多くの医師に選ばれて ...

医師 転職サイトの口コミ評判 3

医師の転職サイトは多すぎてどこを選べばいいのか迷ってしまう。 転職求人サイトを利用する時に、こんなことで悩んでいませんか? 当然です、なぜなら今医師の転職サイトは100社以上あり、その中から最適なエー ...

医師転職ドットコム 公式サイト 4

医師専門の転職サイトで間違いなくおすすめの会社のひとつがメディウェルが運営する「医師転職ドットコム」です。 特徴として、まず求人数の安定性や更新頻度では圧倒的に他社よりも抜けていて、サイトの使いやすさ ...

5

医師の転職失敗事例を知ることは、これから転職しようとする医師にとってかなり参考になります。なぜなら医師が転職する場合、すべての先生が上手くキャリアチェンジできるとは限りません。 中には「転職をしたもの ...

-女性医師の転職成功ポイント

Copyright© 医師転職求人サイトの口コミ評判【2019年最新】 , 2019 All Rights Reserved.