医師の転職成功ポイント! 医師の転職Q&A 科目別の医師求人情報

医師の求人、最も求人数が多い診療科目は?

更新日:

医師が転職を希望する場合には、まず求人情報を収集しますよね。
求人サイトなどをチェックしてみると分かるのですが、診療科目で求人の出ている件数に差があることも少なくありません。

当然、自分が希望する科目を選択するというのが大前提にはなりますが、
ここで参考までに知っておきたいのが、科目別の医師の求人ニーズです。

最も求人数が多い診療科目は?

では、全国で医師数が足りていないのは何科でしょうか?
下のグラフを参考に見てみましょう。

このデータでは、求人ニーズが圧倒的に多いのは内科です。
円グラフを見ていただくとわかるように、内科系、外科系、その他を分類すると半分が内科系になります。内科が多い理由は、まず受診する患者が多いからということが挙げられます。受信する患者のうち、およそ半分が内科に来るといわれているほどです。つまり医師不足の半分は内科医不足と言うことができるのです。

また内科といってもいろいろな専門がありますが、求人科目を数の多い順から並べると表のようになります。ベスト10のうち6つが内科の科目です。

内科以外の医師の求人は数が少ない?

一般の人が不足している科目をイメージすると、小児科や産婦人科、麻酔科などを思いつかれるのではないかと思います。不足状況にあることに間違いはないのですが、そういった科目は医師数が少ないうえに訴訟リスクや経営上の問題から、病院を集約化する動きがあります。それゆえ科目を標榜する医療機関が少なくなっており、求人の数ということでは、それほど多くはありません。

また皮膚科や耳鼻科、放射線科などといった少しマイナーな診療科目では、
一般的に求人は比較的少なくなります。

病院というのは赤字のところが多く、特に民間病院は収益性を気にします。
一般的に検査や手術が多い科目というのは診療点数が高くなり収益性も伸びるのですが、皮膚科、耳鼻科に代表される他科系は手術が少ないことから、それほど医師を募集しません。また患者ニーズがそれほど高くない科目については、大きな総合病院でも1~2人くらいで事足りたりします。実際、特定の科目においては、求人サイトによってはほとんどないこともあります。

医師の転職!おすすめの記事

1

2019年の最新版、実際に利用した医師からの口コミで、好評・満足度の高い医師転職サイトのおすすめ総合人気ランキングをご紹介します。 当サイトでは、実際に医師の転職支援サービスを利用して転職に成功した先 ...

2

目次1 医師求人情報・転職支援なら、m3エムスリーキャリア1.1 エムスリーキャリア(m3.CAREER)の特徴と評価1.2 m3エムスリーキャリアの医師求人検索1.2.1 常勤医師の求人1.2.2 ...

医師転職ドットコム 公式サイト 3

目次1 求人数が業界最大級!医師転職ドットコムとは?1.1 医師転職ドットコム(メディウェル)の特徴と評価1.1.1 医師転職ドットコムの特徴とは?1.1.2 サイトの使いやすさはどうか?1.2 医師 ...

転職して理想の環境を手に入れる 4

民間医局は、メディカルプリンシプル社が展開する医師求人転職サイトです。 民間医局サイトは常時18,000件以上の医師求人情報を掲載しています。転職・非常勤を問わず、こだわりの条件で募集情報を検索するこ ...

医師の転職 年収1000万~2000万円 5

医師の転職理由のひとつに、年収をアップさせたいからという理由があります。 医師の年収と一口に言っても、内科系、外科系、その他診療科目により異なりますし、年齢や勤めている病院、医療施設、開業しているかな ...

-医師の転職成功ポイント!, 医師の転職Q&A, 科目別の医師求人情報

Copyright© 医師転職求人サイトの口コミ比較【2019年最新ランキング】 , 2019 All Rights Reserved.