医局を辞めるポイント 面接・退職や手続きについて 医師の転職相談

医局の辞め方、円満に医局を辞める方法まとめ

更新日:

転職先が決まったのに今の医局に退職を渋られて、スムーズに退局できないというトラブルを耳にすることがあります。せっかく新しい転職先(病院)が見つかってもギスギスした空気のなかで働くのは辛いですよね。

そこで、今回は円満でスムーズな医局辞め方まとめてみました。

ぜひ円満退職の参考にしていただければ幸いです。

正しい医局の辞め方

医局を辞めることは、医師にとって一大決心ですよね。
しかし、退局すると決めたからには、そこには医師それぞれの理由があり、覚悟があるかと思います。そうであれば、前向きなキャリアに向かってしがらみなく医局を辞めたいと考えるのは当然です。

関連:医局を出た後の医師の転職事情|辞めて成功したケース

では、円満でスムーズな医局の辞め方をご説明します。

まず退職するには、上司に退職する意思を伝え退職願を提出します。
基本的には、次の入職先が決まっていることが前提となります。
その後、業務の引き継ぎなどを行い、退職日まではしっかり勤務します。

こうして文字にすると、簡単でスムーズに退職できるとイメージしがちですが、実際には、そこには人間関係や医療業務の内容などが絡み、想像するより簡単に退職できないという場合があります。



医局に退職の意志を伝えるタイミング

医局を円満に辞めるためには、早めの準備がなにより大切になります
やはり、すぐに辞めますで簡単に辞められるものではありません。
転職予定日から十分な余裕を持って、早めに退職の意志を伝えましょう。

タイミングとして、例えば転職活動を始めた頃の段階で、医局長に一度相談するのも手です。
次の職場が決まっていなくとも「退職のサイン」を匂わしておくことのは有効な手段です。
逆に言えば、新しい入職先に内定をもらったなら、すぐにでも退職の意思を伝えなければいけません。

一般的には、遅くてもおよそ3ヶ月前には退職意思を伝えるのが良いでしょう
医師の場合、退職に時間がかかるので半年以上の猶予を見ても十分なほどです。

引き止められてもはっきり断る

実は、このときに「引き止め」をしてくる教授や医局長も多いと言います。

昔に比べて医局の力も強くないため、最近では医局を辞める医師も増えています。
できるだけ医局員を減らしたくない教授としては、できれば退局を引き止めたいのです。

「待遇を改善するから医局に残って欲しい」とか、あるいは「あそこの病院は評判が悪いから転職するのはやめた方がいい」など、色々な言葉で引きとめようとしてくることがあります。

こうした言葉に乗せられて安易に引き受けてしまったために、辞められない状況にズルズルと引きこまれてしまったというケースも実際にあるのです。

ここは転職する意志を硬く決めているので、はっきり退局する意志を伝えましょう。

低姿勢に徹しつつも退職の意向を撤回しないことが大切です。
そのためには、もちろん転職理由を明確に説明できることが大事です。

引継ぎをしっかり行うこと

退職する時はこれまでの業務をしっかり引継ぐことも円満に退職するための重要なポイント。
これは医療機関を退職するときだけでなく、医局を出るときも同じです。

まず引継ぎは、「自分主導」で計画を立てることが大切です

外来や病棟のローテーションに入っている場合や長期療養患者の主治医となっている場合は、それぞれの患者さんの診療記録や考察などを整理して、後任の医師にスムーズに受け渡しできるように準備しましょう。

まずは、自身の担当している業務をリストアップすることから始めてみてください
担当する患者さんの申し送り事項だけでなく、その他の院内での業務も忘れないように引継ぎするようにしましょう。

無事に医局を退職した後のケア

勤務していた医局の関連病院を無事に退職し、新しい医療機関へ転職したとします。
その場合、その後もお世話になっていた病院や、教授・医局長にはお歳暮やお中元などを送り、良好な関係を保つことをおすすめします。

一般の民間病院へ転職しても、医局との縁は大切にしておいて損はありません
こうした気配りも円満退局のひとつのポイントと言えるかも知れません。

少しでも円満に退局するためには

最後に、ここでは円満な医局の辞め方をまとめてお話してきましたが、実は多くの医師向け転職サイトでは、こうした医局を円満に辞めるためのサポート体制が色々用意されています。

これらのサイトの専任コンサルタントはこうした医局の退局に関するトラブル等も数多く経験してきています。ですから、どうすれば円満に退職出来るか、という点ではまさにこの道のプロです。

基本的には、前述のように次の就職先が決まってから上司に伝えていく手順になりますから、医師転職サイトを利用して転職先を探しながら、医局退局のための相談を行っていくと自分への負担も少なくなるのでオススメです

当サイトでは、口コミ評判の良い医師転職サイトをランキングにしています。
ぜひ転職活動の参考にしていただければ幸いです。

>>医師求人サイト!好評ベスト5社ランキングはこちら

以上、「医局の辞め方、円満に医局を辞める方法まとめ」の記事でした。

医師の転職!おすすめの記事

1

2018年の最新版、実際に利用した医師からの口コミで、好評・満足度の高い医師転職サイトの総合人気ランキングをご紹介します。 当サイトでは、実際に医師の転職支援サービスを利用して転職に成功した先生方から ...

2

Contents1 医師求人情報・転職支援なら、m3エムスリーキャリア1.1 エムスリーキャリア(m3.CAREER)の特徴と評価1.2 m3エムスリーキャリアの医師求人検索1.2.1 常勤医師の求人 ...

医師転職ドットコム 公式サイト 3

Contents1 求人数が業界最大級!医師転職ドットコムとは?1.1 医師転職ドットコム(メディウェル)の特徴と評価1.1.1 医師転職ドットコムの特徴とは?1.1.2 サイトの使いやすさはどうか? ...

転職して理想の環境を手に入れる 4

民間医局は、メディカルプリンシプル社が展開する医師求人転職サイトです。 民間医局サイトは常時18,000件以上の医師求人情報を掲載しています。転職・非常勤を問わず、こだわりの条件で募集情報を検索するこ ...

5

医師の転職理由のひとつに、年収をアップさせたいからという理由があります。 医師の年収と一口に言っても、内科系、外科系、その他診療科目により異なりますし、年齢や勤めている病院、医療施設、開業しているかな ...

-医局を辞めるポイント, 面接・退職や手続きについて, 医師の転職相談

Copyright© 医師転職サイトの選び方!口コミ比較【2018年最新ランキング】 , 2018 All Rights Reserved.